So-net無料ブログ作成
アシネトバクター 多剤耐性菌 まとめ Q&A ブログトップ

アシネトバクターをはじめとする各種多剤耐性菌のまとめ Q&A [アシネトバクター 多剤耐性菌 まとめ Q&A]




各地の大学病院を中心に複数の医療機関で発生している
多剤耐性菌ですが、菌にも複数の種類が報告されており、
混乱する方も多いかもしれませんので、
この時点での情報をQ&A形式でまとめてみました。



1.なぜ多剤耐性菌は発生したのか?

  抗菌薬を大量に使ったからです。むやみやたらに抗菌薬を使用した結果、
  抗菌薬に耐性を持った菌が生き延びたってこと。


2.多剤耐性アシネトバクター(MRAB)が広がった経緯は?

  世界では2000年ごろから広がり始め、日本では2008年~福岡大学病院や
  愛知医科大学病院などで発見され始めてきた。


3.多剤耐性アシネトバクター(MRAB)とは?

  アシネトバクター自体は土や水中、あるいは人の皮膚などにいる一般的な菌。
  それが抗菌薬に耐性を持ったもの。健康な人には無害と言われている。
  病気の人は肺炎や敗血症の危険がある。


4.多剤耐性緑膿菌とは?

  緑膿菌自体はアシネトバクターと同じように土や水中にいる一般的な菌。
  それが抗菌薬に耐性を持ったもの。緑膿菌も健康な人には無害と言われている。
  病気の人は肺炎や敗血症の危険がある。


5.新型スーパー耐性菌とは?

  抗菌薬を分解するNDM1という遺伝子を持った新型の多剤耐性大腸菌のこと。
  インドやパキスタンから広がり始めた。ベルギーでは死者も。
  新型スーパー耐性菌が多剤耐性アシネトバクター(MRAB)や
  多剤耐性緑膿菌と異なる点は、健康な人でも膀胱炎や敗血症を起こすことがある点。


6.多剤耐性肺炎桿菌とは?
  
  九州大学病院で発見されたKPCというNDM1と同じように抗菌薬を分解する遺伝子。
  国際的にも動向が注目されている。多剤耐性肺炎桿菌は健康な人に無害と言われているが、
  抗菌薬を分解する遺伝子なので健康な人にも害があるかも。
  病気の人は高熱や多臓器不全の恐れあり。




詳しくはコチラ

ウイルス・細菌と感染症がわかる(WJ18)








http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100911-00000082-mai-soci
nice!(0) 
共通テーマ:健康
アシネトバクター 多剤耐性菌 まとめ Q&A ブログトップ
夢見る外国為替

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。