So-net無料ブログ作成

アシネトバクター対策では国立感染症研究所に期待したいところですが・・・ [国立感染症研究所 アシネトバクター]



厚労省は、院内感染に関する緊急対策チームを立ち上げ、
今後の対応について協議を進めています。


例えば、帝京大病院には、
今週中に国立感染症研究所の専門家チームと東京都が入り、
院内感染対策を調査する見通しも示しています。


また現在、医療機関では、感染症の患者から採取したたんなどの検体で
抗生物質が効くかどうか試験をしています。


この試験で複数の抗生物質に耐性を示すアシネトバクター、
大腸菌や緑膿菌、肺炎桿(かん)菌などが見つかった場合、
同研究所に送ってもらい調べるそう。


解析には1週間程度かかる見通し。


国立感染症研究所のような専門機関には、
こんな時こそ期待したいですね。




でも・・・



今年7月には国立感染症研究所はこんな不祥事も起こしてましたね。


国立感染症研究所をめぐる汚職事件で、
収賄と官製談合防止法違反の罪で東京地検特捜部に
起訴された研究所会計課の元係長藤野信明被告を
懲戒免職にしています。


藤野被告は、感染研戸山庁舎改修工事の予定価格を
建設会社側に漏らしてたんですね。


そして現金200万円のわいろを受け取ったとして起訴されてます。




う~ん、大丈夫かな?


なぜこういう不祥事が起こるんでしょうね。。。

企業不祥事が止まらない理由






http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100907-00000129-san-soci

nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

夢見る外国為替

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。