So-net無料ブログ作成

多剤耐性アシネトバクター 福岡大学病院の事例 [アシネトバクター 福岡大学病院]

福岡大学病院では2008 年10 月から2009 年1 月までに
23 名の患者さんから多剤耐性アシネトバクターが検出されました。


福岡大学病院で院内感染ではないかと認識したのは昨年12月1日。


一番最初の経路は韓国の病院へ入院後、状態が悪化し、
集中治療を受けられたまま、福岡大学病院の
救命救急センター集中治療室へ入院された男性だと判断。


多剤耐性アシネトバクターは普遍的に存在する菌であるため、
福岡大学病院では2回目の環境調査を行った結果、
人工呼吸器装着2日目と4日目の2 名の患者の
装着器材(バイトブロック)から、
多剤耐性アシネトバクターが検出されました。


この他、消毒済みのバイトブロックからもアシネトバクターが検出されています。

バイトブロック



これにより、福岡大学病院では同器材を消毒後に再生使用をしていましたが、
環境調査の結果判明後、個別使用に切り替える対策を行っています。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100909-00000146-jij-soci
nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

夢見る外国為替

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。